なるべく高く売りたい!着物買取裏話

その着物はいつ着ますか?

成人式や入学式、卒業式などで着た着物がタンスに眠っていませんか?
着物は着る機会が少なくなっていますが、日本舞踊や茶道などの着物を着用するお稽古事などで需要はあります。代々受け継いでいく予定のものや譲る予定のある場合は別として、これから着物を着る機会がなかったり、色や柄が合わなくなっていると感じたら、なるべく良い状態のうちに買取ってもらうのも着物を活かす方法のひとつです。
着物は虫干しをするなどして正しい保管方法であれば汚れや傷みも少なくて済みますが、間違った方法や長期間にわたって保管していた場合は生地も劣化します。また、色や柄なども流行があるので着なくなった着物は早いうちに着物専門の買取業者に査定を依頼することをおすすめします。

査定を依頼する前に準備すること

査定を依頼する前に着物の状態を確認しましょう。縫い合わせ部分などのホコリをチェックしたり袖や裾周りに汚れが付いていないか、色あせはないかなどを確認します。着物に産地や作家が記載されている保証書となる「証紙」があれば高額査定が期待されます。着物を購入する際についてくるものですが、捨ててしまうことが多いものです。着物を購入した時に「証紙」も一緒に保管しておくと良いでしょう。
また、着物には正絹などの素材や、留袖・振袖など着る場面による格式の違いがあり種類も多様です。素材の確認が難しかったりやシミや汚れがある場合は査定を依頼する業者に問い合わせてみても良いでしょう。リサイクルショップなどでも買取は可能ですが着物の知識が豊富な専門の買取業者に依頼することが高額査定のポイントになります。